三重県津市河辺町にあります«社会福祉法人 高田真善会 特別養護老人ホーム 報徳園»は、短期入所生活介護、通所介護、居宅・在宅介護支援サービスをおこなっています。

 

園長挨拶

 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
ごあいさつ
 園長
千草 篤麿
 この度、特別養護老人ホーム報徳園の園長に就任しました千草篤麿です。今後、ますます高齢社会が進む中で、お年寄りの心身の健康とその家族の生活を支えることを旨として、社会福祉実践を深めていく所存です。どうぞよろしくお願い致します。
 
 本園は仏教福祉の理念に基づき、介護の必要な高齢者が安心して暮らせる施設を目指し、昭和56年(1981)に設立されました。まもなく40年が経過します。この間800人以上の方が報徳園で生活され、ほとんどの方が途中退所せず、本園で安心して最期を迎えられました。これは、全職員が仏教福祉の具体的な姿としての「施無畏」(せむい)の心をもって福祉実践を行っていることの現れであると思います。施無畏は大智度論に説かれる三布施の一つで「困っている人を慰め、その恐怖心を除くこと」です。本園の玄関前には理事長である常磐井猷麿・高田本山前法主の揮毫による施無畏の石碑があります。
 
 さて、社会福祉を推進していく上での根本的法律である社会福祉法の第3条に、「福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし、その内容は、福祉サービスの利用者が心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとして、良質かつ適切なものでなければならない」と、福祉サービスの基本的理念が示されています。
 
 「その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援する」とは、寝たきりの方が歩けるようになるよう支援することではありません。寝たきりの方が一人ではできないことを施設職員がその思いを聴き取り、あるいは感じ取って、要求が実現できるよう支援することです。
 
 仏教福祉の理念と社会福祉法の理念を追求していくことを「施無畏」の精神としてとらえ、利用者の方、ご家族、そして働く職員の福祉の向上に努めていきたいと思います。
 
                      平成31年4月 報徳園 園長 千草 篤麿
<<社会福祉法人 高田真善会>> 〒514-0065 三重県津市河辺町1317-1 TEL:059-228-1951 FAX:059-228-1952